基礎研究・実証実験他

HOME | 基礎研究他 | 基礎研究事業他 | 基礎研究・実証実験他
 
 

基礎研究他の概要

 

『給水装置の施行』の原点は、諸先輩方の貴重な経験や地道な各種基礎研究等を基に、蓄積された成果によるものです。

1.研 究 発 表

第53,55回 全国水道研究発表会にて

 

H14.05 第53回(グリーンドーム前橋)とH16.06 第55回(国立京都国際会館)の全国水道研究発表会において、集合住宅における「摩擦抵抗換算係数」(エルボ、チーズ等の配管継手の個数拾い出しを省略する”係数”)の検討に関し、神奈川大学 工学部 建築学科 紀谷 文樹(元、東京工業大学名誉教授)研究室と共同研究し、その研究成果を発表いたしました。
  

2.研究機関(大学)との共同研究

平成14、15年度 神奈川大学との共同研究

 

横浜市水道局様のご紹介により、市内の不動産コンサルタント・水道指定工事店・増圧ポンプメーカー3社のお力をお借りし、設計図、竣工図および水理計算書等の情報を基に、2ヶ年間において大学の研究員が現場調査・確認をするとともに、当社が作成・提供した水理計算ソフト『アクア直結』を駆使して調査物件ごとの「摩擦抵抗換算係数」を算出し、各年度の学生はその結果を卒業論文として発表いたしました。
 

3.4階直結直圧給水調査

調査委員の一員として参画

 

平成20年度と21年度の2ヶ年において、横浜市水道局が(一財)ベターリビング(UR都市機構関連)に業務委託した『4階直結直圧給水調査委託』にて、首都大学東京(現;東京都立大学)市川 憲良教授を委員長とした調査委員会のメンバーの一員として、八王子のUR都市機構の実験施設(100メートルタワー)&既存の鶴見区の4階建て水道局公舎一室における「先分岐方式」と「ヘッダー方式」の給水配管モデル2方式の実証実験に参画いたしました。

4.灌水・融雪システムの逆流実証実験

有用な灌水等の器具には適正な逆流防止システムを

 

平成30年度、庭園の灌水システムや駐車場の融雪システムの主要部材の「有孔管」に注目し、給水器具メーカーの協力を得て灌水パイプ等の「孔からの逆流」に関する実証実験を行った結果、全ての有孔パイプで明確な逆流が確認されました。

(写真左上の図解説明は、逆流確認の実証実験の概要図です。)

上述システムは、私たちの日常生活において非常に便利で有用なシステムですが、適切な逆流防止措置を適正に施してこそ、私たちの社会において「役に立つ製品」であると考えています。

(写真左下の図解説明は、逆流防止対策としての概要図です。)

 
お問い合わせ

 
 
CONTACT

上記の内容等にご質問がどざいましたら、以下の「お問い合わせ」ボタンをクリックして必要項目にご入力いただき、入力内容を確認した上で『送信』ボタンを押してください。
  
なお、内容によっては、返答に1週間程度のお時間をいただく場合や返答できない場合もございます。あらかじめご了承ください。

  ※ 営業のメール等はご遠慮してください。