基準書・便覧作成業務

HOME | 業務案内 | 基準・便覧作成 | 基準書・便覧作成業務
 
 

基準書(または給水便覧)作成事業

 

(給水便覧は、給水施行基準書の抜粋版です。)

 

基準書作成の手順概要

 

.基準書または給水便覧の概要等
・誰もが理解しやすい給水装置工事設計・施行基準を構築し、必要に応じ毎年、その内容を更新します。
・基準書構築の内容は、各条項の文章だけではなく、窓口運用に際し不可欠な各条項における詳細な解説と、給水装置施行時の適正な材料・工法による施工などの解説及び給水装置設計に関する分かりやすい技術資料などにおいて図形を交えて構築します。

.聞取り調査

・水道事業体が有する給水装置関連書類等に関して、聞取り調査を行います。

・メータ・弁栓・給水器具類のメーカーより、聞取り調査を行います。
.基準・解説書の打合せ及び構築
・協議の上、事業体の組織・体制に適し、かつ、給水窓口の対応業務において、的確に運用するための解り易い基準解説書を構築します。
4.参考設計資料の構築
・協議の上、給水装置工事の水理計算等に関する解り易い設計資料を、諸数値の表を交えて構築します。

  
基準書作成の手順概要
  
施行基準(給水便覧)の特徴

誰もが判りやすく、理解しやすい基準書

 

文字では理解できない内容は、図形・写真等にて・・・

面白みのない文字だけでは当然、眠くなります。設計・施工等の内容を十分に理解していただくため、要所に図形・表・写真等を交えています。

 文字だけでは、理解することが困難な配管形態等が一目で解る配管系統図各種施工要領図管理区分図分類・フロー図、および各種表形式のデータ表等を活用し、解りやすく解説しています。
 また、ビジュアルな各種製品等の写真現場施工写真等を交え、新たに水道事業の給水担当に部署替えとなったご担当者にとっても基礎資料となるよう、解りやすく解説しています。
 

最重要事項は『安全・安心の水』の持続

   

給水装置からの配水管への逆流は、絶対に阻止・・・

水道法第1条の「目的」にある『清浄』な水の供給施策は、100年先の蛇口からの『安心して飲める水』を守るための『最終砦』です。

 『給水装置施行基準(給水便覧)作成業務、および給水装置に係る水理計算業務』を主業務とする給水コンサルタントとして100年先の水道界の『最終砦』を守り、蛇口からの『安心して飲める水』の確保・持続において、業務を介してその一翼を担う所存です。
 配水管への給水装置からの逆流を絶対に阻止し、適正な保守管理にて配水管を守るための施策等が、詳細に図解・説明されています。
 

ウォータハンマ(WH)発生防止措置

 

WHの発生防止対策を、図・数値図表等を交えて・・・

配水管内にて呈するWHは、近隣の各施設における給水装置での漏水発生の一因ともなると言われています。

 現状の建築設備設計基準(発行:全国建設研修センター)、空気調和・衛生工学便覧(発行:空気調和・衛生工学会)や水道施設設計指針(発行:日本水道協会)等の文献には、貯水槽給水に係る給水引込水量に関しては定義されていますが、受水槽との接続部の”定水位弁の口径”に関しては一切定義されていません。
 配水管の水圧と定水位弁からの受水槽への吐水量に関して、水量表を交えて詳細に説明されています。
 

各種流量等の線図 ⇒ 流量・口径別抵抗値

 

対数目盛の流量グラフ線図図 ⇒ 解説の数値表等で・・・

対数目盛のグラフ線図では、線と線の位置・数値が曖昧となり、結果、読取り数値も曖昧なものとなります。

 給水管材や弁栓等の給水器具類における水量に係る摩擦損失値は、両対数グラフによることなく、扱いやすく見やすい数値表にて掲載しています。
 また、水理計算の作業における簡素化を図るため ”損失抵抗の換算係数” に関して神奈川大学工学部建築学科 紀谷文樹(元、東京工業大学名誉教授)研究室と共同研究し、日本水道協会の研究発表会にて発表した係数が掲載されています。
 

 
施行基準(給水便覧)を『包括業務』に活用
窓口相談等の相談には、基準書は不可欠

包括業務受託者の拠り所は、分かりやすい基準書等であり・・・

窓口担当者にとって判りやすく理解しやすい基準書により、ご自身の業務に自信が持て、また来庁者への説明等においても自信を持って対応できます。

創業以来20年、水道GIS構築、水圧調査、漏水調査、給水装置施行基準書作成、事前協議の設計図面内容及び水理計算書の内容チェック等、全国の水道事業体様からの受託業務にて培った技術ノウハウを基に、水質保全の最後の砦となる給水装置工事に関する「給水装置施行基準書(給水便覧)の作成」、および「各種研修会の開催」を通して、水道包括業務受託の一部を補助(サポート)して参ります。
 
給水装置施行基準(給水便覧)の導入効果
 

給水窓口業務がスムースに継承できます。

給水装置工事申請の流れの明確化ができます。

水道事業体としての基準(要綱)の明確化ができます。

各窓口担当者における対応の差異を極力少なくすることができます。

指定工事店の技術レベル向上のための資料・情報を提供することができます。

 
お問い合わせ

 
 
CONTACT

上記の内容等にご質問がどざいましたら、以下の「お問い合わせ」ボタンをクリックして必要項目にご入力いただき、入力内容を確認した上で『送信』ボタンを押してください。
  
なお、内容によっては、返答に1週間程度のお時間をいただく場合や返答できない場合もございます。あらかじめご了承ください。

  ※ 営業のメール等はご遠慮してください。